レビトラとジェネリックの効果時間の違い

レビトラはバルデナフィルを有効成分にしたED治療の飲み薬で、日本でも認可されて病院の処方薬となっています。特徴としては水に溶けやすい性質から、飲んで効果が発揮されるまでの時間が短く、20分ほどで現れる即効性があります。これほど短時間で作用するなら、性行為の直前に飲むこともでき、食事の時間を考える必要もないので、性行為のタイミングを取りづらい人には利用しやすいものとなっています。日本で購入する場合は健康保険が適応外となっており、自由診療で購入することになるため、1錠あたり1,500~2,500円と高価なものになっていて、普段から使用するにはとても経済的とは言えません。そのため、海外のネット通販でさらに安い購入できるジェネリック医薬品を選択することになりますが、効果時間などに違いが現れるため注意しなくてはいけません。ジェネリック医薬品とは特許の切れた新薬と同じ成分を使用し、異なる製造方法で作るものです。そのため、例え同じ成分を使用していても、コストを削減をするために薬剤のコーティングや吸収されるまでの時間などに微妙な違いが生じてきます。特に同じ錠剤ではなく、ドリンクやゼリーなどに剤形が変わると、吸収率が大幅に変わることで結果が全く異なることもあります。レビトラのジェネリックには同じ錠剤のものが多く、若干の違いはありますが体感できるほどの違いはありません。しかし、ゼリー状の薬剤も販売されており、こちらは吸収率の良さから効果が現れるまでの時間が短く、早い場合は10分ほど、平均として15分ほどで効果が出るようです。レビトラの作用時間は20mgで8~10時間ほど持続しますが、これもジェネリックでは多少の狂いが出るようです。
■悩んでいるならレビトラ試してみましょう
レビトラで治ります
■レビトラもいいけど、病院にも行ってみよう
ED治療ができる愛知県の病院
■レビトラ以外にも頼れる薬はあります
シアリス